カードローンを家族バレせずに契約したいならば郵送物の取り扱いに注意

日常生活の中で月末の給料日前などに生活費や食費が乏しくなったり、または思いがけない出費が舞い込むなどしてお金がきちんと回らなくなった時、銀行や消費者金融が提供する借入サービスをうまく活用すると、簡単に不足額を埋め合わせる事が可能となります。

これらの借入方法にはカードローンやキャッシングがありますが、とりわけカードローンは一枚の個人カードを発行手続きして使いこなすことで近場のATMから手軽に融資金を受け取ることができるようになる優れもの。提携コンビニの店内ATMなどでも借入できるので、24時間どんなタイミングで舞い込んできたお金の必要性にも柔軟に対応することが可能です。

ただしカードローン契約時には注意すべき点もあります。例えば、家族に内緒で契約したい場合などには手続き過程においてバレないためにも郵送物に気をつけなければなりません。多くの場合、カードローンの申し込みにはネットや電話、自動契約機、店舗窓口などを利用しますが、これらにおいて申請フォームに氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収、希望借入額などを記載し、身分証明書や年収証明書の提示を行います。

このようにして金融業者側の審査が始まるわけですが、審査過程を通じて何も問題がなければいよいよ新規カードが発行されます。この時、もしも自宅への郵送受け取りなどにしておくと本人不在時に家族の誰かが受け取ってすぐにバレてしまうことにもなりかねません。そうならないためにも郵送物扱いではなく、必ず店舗窓口や自動契約機での発行受け取りにしておくことによって家族の誰にも気づかれることなく契約することができます。

さらにカードローンでは審査通過後に契約書が送られてきたり、また利用するごとに利用明細書が発行されて郵送物として送られてくる場合があります。これらを家族が受け取ることのないよう、郵送物扱いではなく全てをウェブのマイページにてチェックできるように設定しておくことが大切です。これらを徹底することによって郵送物なしでバレずに借り入れができるでしょう。