消費者金融系のカードローンの特徴

カードローンは、消費者金融業者と銀行や信用金庫が提供しています。

それぞれ特徴が異なるため、利用にあたっては一番自分に適していると感じたサービスを選ぶのがポイントです。まず、消費者金融系のカードローンの特徴は、審査が緩い傾向にあるという点です。

もちろん、だからと言って、返済能力の低い人に対して安易に融資をすることはなく、きちんと審査をしています。ただし、銀行のカードローンでは審査に落ちる場合でも利用できる割合が比較的高くなっています。

その分、金利が高いのが特徴です。無担保で緩い審査で貸し出しているため、その分金利でカバーしているわけです。銀行の場合には、利息制限法の上限金利より低く設定される傾向にありますが、消費者金融業者の場合には、その上限に設定していることが多いです。

また、総量規制の影響を受ける点にも注意が必要です。銀行や信用金庫等のカードローンは総量規制の対象外ですが、貸金業者である消費者金融の場合、融資可能なのは年収の三分の一までとなっています。

これは、安易な貸し付けにより返済が困難になってしまう人が増加することを防ぐ目的でそうなっています。ただし、おまとめローンの場合は例外で、それを超える場合であっても融資ができます。

おまとめローンは、返済専用のローンで、金利が通常のカードローンよりも低く、返済がしやすくなっているのが特徴です。その分審査は通常よりも厳しくなります。また、きちんと返済をするように、消費者金融業者の方が顧客の個人名で、直接他社の振込口座に返済するため、別の用途での利用はできません。

以上が、主な消費者金融のカードローンの特徴ですが、あくまで一般的な傾向であるため、具体的なサービスによってはそれが当てはまらないこともあります。したがって、サービスに申込む前に、きちんと説明書きを読んで、どれが良いのかを選びましょう。そして、時折口コミなどを参考にするのも有用です。