電話連絡なしにてカードローンを契約を進めるためのポイントとは?

日常生活の中でもしもお金に不自由することがあった時には、銀行や消費者金融が提供する借入サービスを用いると便利に不足額を捻出して埋め合わせることができます。

中でもカードローンはあらかじめ契約手続きを終えて個人カードを発行すると、それを用いて近くのATMからすぐに借入が行えるのでとても便利です。利用の際には利用者それぞれの経済力や年収、返済能力などに合わせて融資限度額が設定されますので、その範囲内であればいくらでも何度でも引き出す事が可能となります。

このカードローンの契約手続きを問題なく完了させるにあたっては、しかるべき審査をクリアしなければなりません。その際に重要となってくるのが電話を使った連絡です。

例えば申請直後の段階ですと、申し込み内容の確認のために本人の自宅や携帯電話に連絡があって本人確認作業が行われる場合もあります。また勤務先として記載した企業に電話がかかって申請者本人に通話をつなげてほしいという旨の依頼がなされる場合もあります。後者のパターンを在籍確認と呼びます。

在籍確認は抜き打ちで企業に電話をかけて利用者本人の勤務実態や在籍について確認を取ることで申請時に記載した内容に虚偽がないことを確かめるためのもの。

在籍が確認できればその時点で審査は概ね完了となり、それができないようであれば審査落ちする可能性が高まります。

ただしカードローンの契約時においてはこの電話の確認作業が煩わしかったり、勤務先へ電話がかかってくることが精神的にもプレッシャーになったり、あるいは業務上明らかに迷惑となる場合もあります。

それに土日にカードローン申請した際には企業側が休業日になっていることも多く、在籍確認を行っているとそれだけ審査に時間がかかるケースも少なくありません。そのような事態を回避する上でも電話連絡なしにて審査手続きが行えるのは極めて便利な方法といえるのです。

カードローンを提供する業者には電話連絡なしが可能なものとそうでないものとが存在しますので、まずはネットの口コミをチェックしたり、あるいは電話相談などで確認することで借入先を選択すると良いでしょう。